サプライチェーン金融プラットフォームの「Qupital」:シリーズAで約17億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

サプライチェーン金融プラットフォームの「Qupital」:シリーズAで約17億円を調達

続きを読む

サプライチェーン金融プラットフォームの「Qupital(橋彼道)」が、シリーズAで1500万ドル(約17億円)を調達した。リード・インベスターは「宜信金融科技産業投資基金(CreditEase FinTech Investment Fund)」、コ・インベスターは既存株主の「アリババ香港創業者基金(Alibaba Hong Kong Entrepreneurs Fund)」と「MindWorks Ventures(概念資本)」。資金は、中国国内市場の開拓、技術開発チーム及びリスクマネジメントチームの拡充、越境ECサプライチェーン金融サービスの改善に充てられる。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手