拡大する中国ハイエンドスマホ市場、アップルがシェア46%で首位 22年4~6月期

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

拡大する中国ハイエンドスマホ市場、アップルがシェア46%で首位 22年4~6月期

続きを読む

市場調査会社「カウンターポイント(Counterpoint)」によると、2022年4~6月期、中国のスマートフォン市場におけるハイエンドスマホ(卸値400ドル=約5万5000円以上)のシェアが、前年同期の31%から33%に拡大したという。わずか2ポイント増ではあるが、全体的に低迷するスマホ市場において、ハイエンドスマホはやや楽観的な状況にあるといえよう。

22年4~6月期スマホ出荷台数、前年同期比9%減 シェア1位はサムスン

メーカー別のシェアでは、米アップルが46%で首位、以下vivoが13%で2位、ファーウェイ(華為技術)が11%で3位、ファーウェイから独立した「Honor(栄耀)」が9%で4位、シャオミ(小米科技)が8%で5位と続いた。うち、vivoの販売台数は前年よりも91%増加し、21年には2位だったファーウェイを退けた。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録