中国ティードリンク「奈雪の茶」、22年1~6月期は約50億円の赤字 経営努力で業績回復目指す

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国ティードリンク「奈雪の茶」、22年1~6月期は約50億円の赤字 経営努力で業績回復目指す

nayuki
続きを読む

中国のティードリンクブランド「奈雪の茶(NAYUKI)」を運営する「奈雪的茶控股(Nayuki Holdings)」が、2022年1~6月期の決算を発表した。 当期は新型コロナウイルスの影響が残り、売上高は前年同期比3.8%減の20億4500万元(約410億円)、純損益は2億4900万元(約50億円)の赤字となった。前年同期は4820万元(約10億円)の黒字だった。同社は8月5日に公表した利益警告で、6月は今年初となる単月黒字を達成したと発表した。

同社は全店舗を直営しており、6月末時点の店舗数は85都市で904店。当期の純増は87店だった。また、当期は売上高の80.1%をネット経由の注文が占めた。同社は、デジタル化・自動化による変革や人員の最適化、店舗の賃料交渉などサプライチェーンの最適化を継続し、店舗の収益性回復と向上に全力を尽くしたと説明した。

奈雪の茶、自社開発のドリンクマシンを導入。最短10秒で出来上がり、作業効率4割アップ

奈雪の茶は2021年6月30日、1株19.8香港ドル(約350円)の発行価格で香港証券取引所に上場し、ティードリンク業界初の上場企業となった。22年8月31日の終値は、発行価格から71.16%下落して1株5.71香港ドル(約100円)、時価総額は約97億9300万香港ドル(約1750億円)だった。

変化の激しい中国で新興ティードリンク「奈雪の茶」や「喜茶」が行うトレンド維持の手法とは

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録