マイクロ波集積回路メーカー「安其威微電子」がシリーズAで数千万元調達 高い技術力で国産電子部品導入の先駆けへ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

ビジネス注目記事

マイクロ波集積回路メーカー「安其威微電子」がシリーズAで数千万元調達 高い技術力で国産電子部品導入の先駆けへ

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

フェーズドアレイアンテナの低コスト化、小型化において、シリコンベースのマイクロチップが不可欠な存在となっている。

フェーズドアレイを応用したマイクロ波集積回路を主に製造する「安其威微電子(Archiwave Microelectronics)」が、シリーズAで数千万元(数億円)を調達したことを発表した。リードインベスターは宇宙開発事業を手掛ける「航天科工集団(CASIC)」で、コ・インベスターは「德聯資本(Delian Capital)」、「中電艾伽投資(Zhongdianaijia)」。調達した資金は主に市場、運営体制、品質および研究開発チームの拡充、製品の量産化に用いられる。

安其威微電子は2015年に設立され、主にシリコン(例えばBulk-CMOS、SOI-CMOS、SiGe BiCMOSなど)を用いた高性能マイクロ波集積回路を製造している。高集積シリコンT/R(送受信)チップ以外に、Xバンド受信機、高性能RFスイッチ、デジタルアッテネータ、自社技術を用いたリミッター、広帯域対応の対数検波拡大器・対数検波増幅器などの研究開発に成功した。現在、フェーズドアレイレーダー、5Gおよび衛星通信設備用の高性能マイクロ波チップ製品の企画と設計を行っている。

昨年8月、同社は業界初となるフェーズドアレイ向け高集積T/Rチップの研究開発に成功した。同製品は主にドローンのセキュリティレーダーの部品を用途として想定している。、20キロ圏内で使用可能な低空域管制レーダーであり、軍民が共同で開発を手掛けたものだ。さらに、フェーズドアレイアンテナのシステムの小型化と低コスト化に向けた多くの条件をクリアしており、、関連コンポーネントのワンチップ化の実現において大きな意義を持つ。

現在、上海と南京に開設されているR&Dセンターに、20人以上のエンジニアが所属しており、いずれもチップやマイクロ波システム関連の研究開発に携わってきたを持つ。創業者の陸建華氏は東南大学の無線通信工学科(現呉健雄学院)および修士課程を卒業後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で博士号を取得。複数の米国上場企業で職に就き、2015年に帰国して同社を創業した。

今回の資金調達に関して、「航天科工投資基金管理(CASIC Fund)」で投資ディレクターを務める酒彦氏は、「マイクロ波チップは、レーダーや通信など専門的で高い性能が求められる電子機器の基幹部品だ。航空、宇宙分野では大きな応用の可能性を秘めている。一方、我が国のRF・マイクロ波チップ技術は遅れている。そんな中、安其威微電子はSOIやSiGeがベースで集積度が高いうえ、量産向きでコストパフォーマンスも高いという特徴を有し、すでに多くの実用化例がある。同社のチップ設計能力と管理水準は十分に証明されていると言える」と語った。

徳聯資本の方宏副総裁は、「安其威微電子はRF-SOIをベースとしたマイクロ波チップ設計技術で、国内のみならず世界の最先端を走っている。高性能RFスイッチなどの部品も、長きにわたり海外製基幹チップに支配されてきた国内の主要通信設備メーカーにとって、国産化への転換へ踏み切る契機となりうる」と述べた。
(翻訳・虎野)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録