上海市、環境保護で大きな成果 新エネ車普及台数世界首位

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社注目記事

上海市、環境保護で大きな成果 新エネ車普及台数世界首位

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社上海9月28日】中国上海市生態環境局の程鵬(てい・ほう)局長は市が27日開いた記者会見で、上海市がこの10年で環境保護や持続可能発展の分野で収めた成果について説明した。

これによると、同市はここ10年で、利用効率の低い建設用地668千平方キロを削減し、エコ建設に利用している。上海市の単位域内総生産(GDP)当たりの二酸化炭素(CO2)排出量とエネルギー消費量は2010年以降、いずれも50%以上減少した。新エネルギー車(NEV)の普及台数は21年末時点で677千台と世界の都市の首位になっている。軌道交通の営業距離は引き続き世界一を維持し、新たなプロジェクトの計画も進んでいる。グリーン(環境配慮型)建築の規模は28900万平方メートルに達し、プレハブ建築の普及でも全国をリードしている。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録