都市空間や企業内の行動分析システムを運営する「視在科技」がシリーズA+で約7億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

注目記事ビジネス

都市空間や企業内の行動分析システムを運営する「視在科技」がシリーズA+で約7億円調達

続きを読む

コンピュータービジョンによる行動分析を手がける「視在科技(Secusoft)」が、シリーズA+で「銀杏谷資本(YINXINGGU CAPITAL)」から4500万元(約7億3000万円)を調達したことがわかった。調達資金は、AIを用いた映像管理サービスの技術開発や市場開拓に用いられる。

同社は従来型のカメラにAIやビッグデータを利用した情報解析技術、アルゴリズム技術を搭載し、データモデリング技術を駆使して、撮影した映像から不要なデータや重複したデータを除去、必要なデータだけを抽出する。その後、バックヤードで分析されたデータを可視化する。

こうした製品は、都市空間や企業内部で活用される。人の行動や緊急事態の発生、リスク情報などを管理者に逐次フィードバックし、都市や企業の規律や運営効率を高め、事故などを回避することができるのだ。

視在科技製品の稼働フロー

具体的には、都市管理システムや建設現場、物流現場、大型スーパー、飲食店などに活用されている。中でも、都市管理システムについては、AIによる動態分析システムソフトウェア「城視」を自社開発し、映像のインジェスト・処理・分析・保守運用などを行う。現在、アリババクラウド(阿里雲)の「ETシティブレイン」や杭州市都市間鉄道など、官民20以上のプロジェクトに技術提供を行っている。

同社は2017年11月、シリーズAで「博石資産管理(Bestone Asset Management)」から1500万元(約2億4000万円)を調達している。今後3年で100万社以上のクライアントに1000万台のカメラを導入する計画だ。年内には契約額1億元(約16億円)を目指す。また、2022年までに、全事業合わせて6億元(約97億円)の成約を目標としている。
(翻訳・愛玉)

メールアドレスを登録して中国最新情報入手