ルノー・日産・三菱アライアンス:上海に共同研究開発拠点を設立

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ルノー・日産・三菱アライアンス:上海に共同研究開発拠点を設立

続きを読む

4月12日、ルノーグループと日産自動車は、研究開発を担う合弁会社「アライアンス研究開発(上海)有限公司」を上海に設立したと発表した。企業情報検索サイト「天眼査」によれば、新会社は「日産(中国)投資有限公司(Nissan (China) Investment Co., Ltd.)」と仏ルノー(Renault S.A.S.)がそれぞれ50%ずつ出資して設立し、資本金は5500万元(約9億2千万円)。自動車、新エネルギー車、インテリジェント・カーのソフトウェアや部品の設計及び研究開発などを行う。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手