中国BYD、インドの乗用車市場に電動SUV「ATTO 3」を投入

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国BYD、インドの乗用車市場に電動SUV「ATTO 3」を投入

続きを読む

中国電気自動車(EV)大手の比亜迪(BYD)は10月11日、インドのニューデリーで開いたブランド発表会で、同国の乗用車市場に正式参入し、電動SUV(多目的スポーツ車)「ATTO 3」を発売すると発表した。インドの乗用車市場では初の電動SUVとなる。

BYDは2007年にインド法人を設立して以降、現地に2億ドル(約290億円)以上を投資。工場2カ所を建設し、ソーラーパネルや蓄電装置、電動バス、電動トラック、電動フォークリフトなどの事業を段階的に展開してきた。

インド政府は2030年までに乗用車の3割をEVとする方針を明らかにしている。この方針は、BYDが同国および南アジア全域で事業展開する上で大きな追い風となっている。

BYDはすでに、タイ、ドイツ、スウェーデン、ノルウェー、日本などの乗用車市場に参入している。

BYD、欧州市場で新エネ乗用車3モデルを発売

日本EV業界の黒船となるか。中国BYD、日本乗用車市場に参入

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録