新薬開発の「百年壹号」:約25億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

新薬開発の「百年壹号」:約25億円を調達

続きを読む

がん治療や遺伝子治療、幹細胞治療などに用いる新薬を研究開発する「成都百年壹号医薬科技有限公司」が、1億5000万元(約25億円)を調達した。リード・インベスターは「徳同資本(DT Capital Partners)」、「未名資本」、「成都天府国際生物城投資開発有限公司(Chengdu International Bio-Town Investment and Development)」、「広州科技金融創新投資控股有限公司(GUANGZHOU FINANCIAL INNOVATION INVESTMENT HOLDING)」。資金は、生産施設の建設などに充てられる。なお既に多くの機関が、次回の出資に名乗りを上げている。百年壹号は2017年に設立。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手