ゲームライブ配信の「小象互娯」:シリーズA+で約20億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ゲームライブ配信の「小象互娯」:シリーズA+で約20億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ゲーム実況を配信する「小象互娯」が、シリーズA+で1億2500万元(約20億円)を調達、評価額が10億元(約160億円)となった。リード・インベスターはプロゲーマーのPDD(劉謀)氏、コ・インベスターは「テンセント(騰訊)」。PDD氏はビジネスパートナーとして小象互娯に加わった。創業者の竇雨瀟氏によれば、資金はミニ動画などのコンテンツ制作、トップクリエーターの発掘と育成、マーケティングなどに充てられる。また2019年には、優秀なコンテンツチームの発掘に2000万元(約3億3000万円)を投入するとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録