コーヒーチェーンの「連咖啡」:約33億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

コーヒーチェーンの「連咖啡」:約33億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ニューリテールのコーヒーチェーン「連咖啡(Coffee Box)」が2億600万元(約33億円)を調達した。出資者は、連咖啡創業者の王江氏と張暁高氏、「啓明創投(Qiming Venture Partners)」、「高榕資本(Gaorong Capital)」。連咖啡は今年の春節前後に、不採算店舗及びブランドの要求に満たない店舗を閉鎖した。この店舗整理によって、同社は4月に黒字転換を果たすと同時に、北京の一部地区で試験的に開始したテイクアウト・サービス「口袋咖啡(COFFEE GO!」など、新たな事業拡大プランを始動させた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録