託児サービスの「紐諾教育」:シリーズBで数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

託児サービスの「紐諾教育」:シリーズBで数億円を調達

続きを読む

乳幼児向け託児サービスを提供する「広州紐諾教育科技有限公司(Guangzhou Neuroo Education Technology Co., Ltd.)」が、シリーズBで数千万元(数億円)を調達した。リード・インベスターは「広発信徳(GF Xinde Investment)」、コ・インベスターは「国家発展改革委員会(The National Development and Reform Commission / NDRC)」系の「広州市中小企業発展基金」、財務アドバイザーは「浪潮資本(Chao Capital)」。紐諾教育の創業者・王栄輝氏によれば、資金は人材育成と業務エリアの拡大に充てられるとのこと。また、企業を対象にした保育士養成サービスの展開、国際育児コンサルタントや睡眠コンサルタントの海外派遣、0歳児の保育サービスなどを計画している。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手