ファッションEC「SHEIN」、ブラジルでプラットフォームモデルを試験 加盟店が直接販売可能に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

ファッションEC「SHEIN」、ブラジルでプラットフォームモデルを試験 加盟店が直接販売可能に

続きを読む

中国発のファストファッション電子商取引(EC)サイト「SHEIN」が2022年3月から、ブラジルで「プラットフォームモデル」を試験導入していることが分かった。中国のビジネスメディア「晚点(LatePost)」が伝えた。

SHEINはこれまで、自社でデザインした商品を製造委託して調達し、自社サイトで販売するビジネスモデルをとってきた。プラットフォームモデルでは、加盟企業がSHEINのサイト上に出店し、商品の販売から配送までを自社で担当する。

加盟店は、自社商品を自社生産するOBM(Original Brand Manufacturer)モデルの企業が中心となっている。ブラジルでの加盟店募集は2021年から始まっていたという。SHEINのブラジル向けサイトには、商品画像の隅と詳細情報の欄に、出店者の名称が表示されている。

米国で成功を収めた中国発ファッションEC「SHEIN」、次に狙うのはブラジル市場

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録