中国初の新エネ車向け車検場、重慶市でオープン 車両の暴走や自然発火を回避 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

特集編集部お勧め記事注目記事

中国初の新エネ車向け車検場、重慶市でオープン 車両の暴走や自然発火を回避

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国初の新エネルギー車(NEV)対応の車両検査場がこのほど、重慶市でオープンした。管轄する同市公安局巡回警察総隊によると、数カ月にわたる試験運用を経て、今回の正式稼働に至ったという。

同車検場は、速度検査や制動検査、灯火検査などに用いる従来通りの検査装置に加え、NEVのバッテリー、モーターおよび電気制御システムに特化した専門の検査装置を備えている。

技術支援を担当する「中国汽車工程研究院(China Automotive Engineering Research Institute)」の説明によると、同車検場ではバッテリーの健全性や容量の減衰、自然放電の状態などを検査することで潜在的なリスクを発見し、車両の暴走やバッテリーの自然発火などの発生をあらかじめ回避するという。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録