ARソフト / ハードウェアの「亮風台」:シリーズB+で約19億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ARソフト / ハードウェアの「亮風台」:シリーズB+で約19億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

AR製品及びサービスを提供する「亮風台(HiScene)」が、シリーズB+で1.2億元(約19億円)を調達した。出資者は、マレーシアの「MYEG Capital」のほか、「活水資本(ONDINE CAPITAL)」、「君盛資本管理(深圳)有限公司(JUNSAN CAPITAL)」、「創徒資本(Chuangtu Capital)」、既存株主の「紀源源星資本(Jiyuan Yuanxing Capital)」、「美図(Meitu)」など。創業者兼CEOの廖春元氏によると、資金は主に製品及びサービスの商業化推進に充てられるとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録