民泊予約プラットフォーム「木鳥短租」:シリーズB2で数億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

民泊予約プラットフォーム「木鳥短租」:シリーズB2で数億円調達

続きを読む

「北京愛游易科技有限公司(Aiyouyi Technology Co., Ltd.)」傘下のシェア型宿泊施設予約プラットフォーム「木鳥短租」が、シリーズB2で数千万元(数億円)を調達した。リード・インベスターは「華冠資本(Huaguan Capital)」、コ・インベスターは既存株主の「達晨創投(Fortune Venture Capital)」と「梅花創投(Plum Ventures)」。創業者の黄越氏によると、資金は四つ星ホテル相当の民泊物件「四木房源」の展開と、オンライン代行サービスの強化に充てられるとのこと。木鳥短租は2012年5月に開業、現在では15都市をカバーしている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手