エネルギー管理プラットフォーム「宝兌通」:シリーズAで約15億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

エネルギー管理プラットフォーム「宝兌通」:シリーズAで約16億円調達

続きを読む

デジタルエネルギー管理プラットフォーム「宝兌通」を運営する「河北宝兌通電子商務有限公司(Baoduitong)」が、シリーズAで1億元(約15億円)を調達した。出資者は「鐘鼎資本(Eastern Bell)」。宝兌通COOの王赫氏によると、資金は主に宝兌通ガススタンドネットワークの改善、情報プラットフォームの強化、アフターマーケットの更なる拡充に充てられるとのこと。同社はその後、華南地域で市場を開拓し、全国のガススタンドで宝兌通の会員カードを利用できるよう、市場カバー率を拡大していくという。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手