エネルギー管理プラットフォーム「宝兌通」:シリーズAで約15億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

エネルギー管理プラットフォーム「宝兌通」:シリーズAで約16億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

デジタルエネルギー管理プラットフォーム「宝兌通」を運営する「河北宝兌通電子商務有限公司(Baoduitong)」が、シリーズAで1億元(約15億円)を調達した。出資者は「鐘鼎資本(Eastern Bell)」。宝兌通COOの王赫氏によると、資金は主に宝兌通ガススタンドネットワークの改善、情報プラットフォームの強化、アフターマーケットの更なる拡充に充てられるとのこと。同社はその後、華南地域で市場を開拓し、全国のガススタンドで宝兌通の会員カードを利用できるよう、市場カバー率を拡大していくという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録