医療機器越境EC「聯医医療」:シリーズB+1で約22億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

医療機器越境EC「聯医医療」:シリーズB+1で約22億円を調達

続きを読む

医療機器を扱う越境ECプラットフォームを提供する「聯医医療集団有限公司(LyncMed Medical Technology)」が、シリーズB+1で2000万ドル(約22億円)を調達した。リード・インベスターは「VisionMax Health Fund」。同社はこの3年間に「晨興資本(Morningside Venture Capital)」、「真格基金(ZhenFund)」、「銀河系創投(Galaxy Star Equity Investment Management)」から資金を調達しており、また「浦発硅谷銀行(SPD Silicon Valley Bank)」などから信用貸付を受けている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手