中医(漢方)医療サービス「小鹿医館」:シリーズPre-Cで約22億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中医(漢方)医療サービス「小鹿医館」:シリーズPre-Cで約22億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国医学関連プラットフォーム「小鹿医館(Xiaolu Clinic)」を運営する「海東市平安正陽互聯網中医医院有限公司(Haidong Pingan Zhengyang Internet Hospital of Traditional Chinese Medicine Co. Ltd.)」が、シリーズPre-Cで2000万ドル(約22億円)を調達した。出資者は「諾基亜成長基金(NGPキャピタル)」。小鹿医館創業者の一人である劉欣悦CEOによれば、資金はVIE(変動持分事業体)スキームの調整、サプライチェーンの改良、技術蓄積のためのAIチーム拡充に充てられるとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録