子供向けオンラインアート教育の「画啦啦」:シリーズBで数十億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

子供向けオンラインアート教育の「画啦啦」:シリーズBで数十億円調達

続きを読む

子供向けオンラインアート教育ブランド「画啦啦」を運営する「広州六一信息科技有限公司(Guangzhou Liuyi Information Techology Co.,Ltd.)」が、シリーズBで数千万ドル(数十億円)を調達した。リード・インベスターは「経緯創投中国基金(Matrix Partners China)」と「啓明維創創業投資管理(上海)有限公司(Qiming Venture Partners)」、コ・インベスターは「真格基金(ZhenFund)」傘下で既存株主の「真格教育基金」。画啦啦の創業者兼CEOの李偉氏によると、資金は主に以下の3点に充てられる。
①システムの研究開発、教育研究、教師に対する研修の強化 
②マーケティング強化や受講者数増加を目的とした、教育部門及びインターネット管理部門の人材募集 
③広州、武漢に拠点を置くオフライン教育センターの開設推進

メールアドレスを登録して中国最新情報入手