工業用品EC「震坤行」:シリーズDで約173億円を調達、テンセントも出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

工業用品EC「震坤行」:シリーズDで約173億円を調達、テンセントも出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

工業用品ECプラットフォーム「震坤行工業超市(上海)有限公司(Shanghai ZKH Industrial Supply Co., Ltd.)」が、シリーズDで1億6000万ドル(約173億円)を調達した。リード・インベスターは「テンセント(騰訊)」、コ・インベスターは「鐘鼎資本(Eastern Bell Capital)」、「元生資本(Genesis Capital)」、「君聯資本(Legend Capital)」、「経緯創投中国基金(Matrix Partners China)」、財務アドバイザーは「華興資本(China Renaissance)」。震坤行の昨年の売上高は約20億元(約312億円)で、今年は成長率300%の維持を目標に掲げている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録