幼児教育プラットフォームの「壱点壱滴」:シリーズAで約9億5000万円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

幼児教育プラットフォームの「壱点壱滴」:シリーズAで約9億5000万円調達

続きを読む

幼児教育のプラットフォーム「壱点壱滴」を運営する「壱点壱滴互聯(北京)教育科技有限公司(Yidian Yidi (Beijing) Education Technology Co., Ltd.)」が、シリーズAで6000万元(約9億5000万円)を調達した。リード・インベスターは非公表、コ・インベスターは「北大方正集団(Peking University Founder Group)」傘下の「方正和生投資有限責任公司(FOUNDER H FUND)」と「上海朴道水匯浄水設備有限公司(Shanghai Pudow Water Environmental Technology Co., Ltd.」。財務アドバイザーは「華夏桃李(Taoli Capital)」が務める。資金は以下の三点に充てられる。 ①家庭教育関連サービスプラットフォーム「紫荊家庭教育平台」の構築 ②家庭教育の専門家、特に「家庭教育+インターネット」の両分野に精通した人材の採用 ③公立幼稚園のシステムにおける「紫荊家庭教育平台」運用の推進。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手