免疫細胞治療薬の「合源生物」:シリーズA+で約15億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

免疫細胞治療薬の「合源生物」:シリーズA+で約15億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

革新的な免疫細胞治療薬の研究開発に取り組むバイオ医薬品企業「合源生物科技(天津)有限公司(Juventas Cell Therapy Ltd)」が、シリーズA+で1億元(約15億円)を調達した。リード・インベスターは「英創遠達(北京)生物医薬科技有限公司(CASI Pharmaceuticals)」、コ・インベスターは「瑞伏医療創投基金(Panacea Venture)」と既存株主の「上海道彤投資管理有限公司(Dalton Venture)」。シリーズAでは「丹麓資本(REDHILL CAPITAL)」がリード・インベスターを務めている。資金は研究開発の強化、臨床研究の展開及びGMP(Good Manufacturing Practice)生産工場の建設に充てられる。合源生物は2018年に設立された。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録