AI画像認識のユニコーン企業「Trax」がシリーズDで約110億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

AI画像認識のユニコーン企業「Trax」がシリーズDで約110億円を調達

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

小売業向けAI画像認識業務を手掛けるシンガポールのユニコーン企業「Trax Technology Solutions」はこのほど、リード・インベスター「厚朴投資(HOPU Investment Management)」などからシリーズDで1億ドル(約110億円)を調達した。厚朴投資はアジアトップクラスの資産管理会社で、消費・テクノロジー分野にフォーカスした投資を実施している。

Traxは今年6月には中国のAIクラウドソーシングサービス企業「朗鏡科技(LenzTech)」を買収すると発表した。同社は現時点で3億5000万ドル(約385億円)超の資金調達を完了しており、すでに50カ国以上で175社以上の顧客を抱えている。米PE「ウォーバーグ・ピンカス」は最大株主で、「博裕資本(Boyu Capital)」、南アの資産運用会社「インベステック・アセット・マネジメント」、シンガポール政府系ファンド「GIC」がインベスターとして名を連ねる。今回の資金調達では「JPモルガン」がコンサルタントを務めた。(翻訳・神部明果)

《 Traxの企業紹介及び同業買収の関連記事はこちら:https://36kr.jp/21503/ 》

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録