製造業向け保守管理ソリューションの「Symphergy」:エンジェルラウンドで数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

製造業向け保守管理ソリューションの「Symphergy」:エンジェルラウンドで数億円を調

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

非侵入型電力ビッグデータによる異常診断から、製造業向けにエネルギー消費のモニタリング及び設備の保守管理ソリューションを提供する「行知聚能(Symphergy Corp)」が、エンジェルラウンドで数千万元(数億円)を調達した。出資者は「可可資本(COCO CAPITA)」。行知聚能は2017年設立。現在の主力製品は電力データ収集装置「数聚盒(eHub)」とAI「数聚雲(eCloud)」であり、「株洲湘火炬火花塞有限责任公司(Zhuzhou Torch Spark Plug Co., Ltd.)」など地域基幹産業のベンチマーク企業にサービスを提供している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手