製造業向け保守管理ソリューションの「Symphergy」:エンジェルラウンドで数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

製造業向け保守管理ソリューションの「Symphergy」:エンジェルラウンドで数億円を調

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

非侵入型電力ビッグデータによる異常診断から、製造業向けにエネルギー消費のモニタリング及び設備の保守管理ソリューションを提供する「行知聚能(Symphergy Corp)」が、エンジェルラウンドで数千万元(数億円)を調達した。出資者は「可可資本(COCO CAPITA)」。行知聚能は2017年設立。現在の主力製品は電力データ収集装置「数聚盒(eHub)」とAI「数聚雲(eCloud)」であり、「株洲湘火炬火花塞有限责任公司(Zhuzhou Torch Spark Plug Co., Ltd.)」など地域基幹産業のベンチマーク企業にサービスを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録