Co-living(コリビング)の「Tripalink」:シリーズBで数十億円を調達、評価額1億ドルに

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

Co-living(コリビング)の「Tripalink」:シリーズBで数十億円を調達、評価額1億ドルに

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

北米でミレニアム世代向け共同住宅を運営する「Tripalink」が、シリーズBで数千万ドル(数十億円)を調達し、評価額は1億ドル(約110億円)を超えた。出資者は「Calin SJG Fund」、「L.P」、「険峰長青(K2VC)」、「Oriza Venture」、「Tekton Venture」など。資金はアパート運営とサービス拡大に充てられる。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手