新薬開発から物流まですべて情報化 AI技術で医薬品企業を支える「明度(MingDu)」

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

ビジネス注目記事

新薬開発から物流まですべて情報化 AI技術で医薬品企業を支える「明度(MingDu)」

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

医薬品分野で情報化、自動化、AI化のソリューションを提供する「明度智慧(MingDu Intelligent)」がシリーズAで約1億元(約15億円)の資金調達を行った。今回調達した資金は医薬品業界における開発や製造サイドにおける情報化システムの開発などに投じられる。また同社は、医薬品分野において、eCTD(電子化コモン・テクニカル・ドキュメント)や医薬MES(製造実行システム)などのソフトウェアシステムの開発とイテレーションを手掛けているほか、専門技術と販売に特化したチームを組織し、中国の東部、南部、北部を中心に市場ネットワークを構築している。

医薬業界は国の経済および国民生活と密接に関係しており、医薬品の安全問題の頻発を受け、政府は続々と政策を打ち出して、供給側である業界の改革を行い、医薬品の安全性を保証している。これらの政策では、医薬品企業が開発から生産、物流、消費までの全過程においてトレーサビリティシステムを確立することが求められている。現在、中国の医薬品業界は新薬開発や情報化から物流に至るまで、米国や欧州、日本などの先進国の水準に遠く及ばない。医薬品企業のAI化によるアップグレード、コンプライアンス管理、品質保証のいずれにおいても改良の余地は非常に大きいといえる。

明度智慧は医療業界に特化し、開発から生産、保管、物流までのトータルマネジメントソリューションを大手企業に提供している。

開発サイドにおいてはビッグデータやプロジェクト管理、AI技術に基づく情報化管理システムを提供している。主力商品の一つは「明度eCTD」だ。同商品はSaasソフトウェアシステムで、申請プロセスの簡略化や医薬品申請の効率化、医薬品の発売までの期間の短縮だけでなく、世界40以上の国・地域での同時申請を可能にしている。

生産サイドにおいては、工業IoT技術をベースにしたMESソリューションを提供しており、管理コンプライアンスや工業技術の蓄積、品質向上などの各方面における管理方法の改善、ビッグデータの蓄積において医薬品企業をサポートし、技術、管理、品質改善における意思決定のためのエビデンスを提供している。

流通サイドにおいては、製薬企業および商社のスマート保管業務をサポートし、保管と生産をめぐるスマート物流を一本化し、倉庫の無人化及びスマートマネジメントを実現している。

明度智慧のデータによると、同社は多くの著名な国内製薬企業と取引しており、2019年の年間受注額は2億元(約30億円)、売上高は1億元(約15億円)以上に達する見込みだ。

同社の創業者である葛亜飛氏によると、現在国内で一定規模以上の医薬品企業(年間の主要業務収入が2000万元=約3億円以上)は7500社あり、そのうち上場企業は280社で、今後の業界再編は必然の流れだという。そのため、大手企業は開発、生産、物流の全工程における情報化、自動化、スマート化を非常に重視している。同時に国の管理政策も医薬品企業がコンプライアンスを満たすよう促している。

葛氏の話によると、開発サイドにおける主力商品のeCTDには、業界に対する理解度というハードルがあり、医薬品業界の複雑な法令、申請における要求などについて熟知している必要がある。また生産サイドのMES商品では、医薬品業界の工業技術についての理解が必要だ。工業技術のモデルやデータベースの構築を行ったうえで理解や分析などを進めれば、コンピューターによる管理を行うことができる。同分野に強いシーメンスやロックウェルなどの大手企業に対し、明度智慧は国産ソフトウェアを売りとし、カスタマイズ化、アジャイル開発、価格優位性により差別化を図っている。

同社は今年中にさらなる資金調達を行い、市場における先発優位性を獲得したうえでさらにそれを強化することを目標にしている。
(翻訳・虎野)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録