ソフトウェア定義ストレージの「焱融雲」:シリーズAで約8億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ソフトウェア定義ストレージの「焱融雲」:シリーズAで約8億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ソフトウェア定義ストレージ(SDS)を活用したサービスを提供する「焱融雲(YanRong)」が、シリーズAで5000万元(約7億6000万円)を調達した。リード・インベスターは「靖亜資本(Eminence Ventures)」と「耀途資本(Glory Ventures)」、コ・インベスターは既存株主の「思科瑞新(Score Capital)」。焱融雲創業者の王海涛CEOによれば、資金は販路システムの改善、マーケティングのスピードアップおよび研究開発に充てられるとのこと。同社は201年4月に設立された。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録