メモリ&ストレージ一体型AIチップの「知存科技」:シリーズAで約15億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

メモリ&ストレージ一体型AIチップの「知存科技」:シリーズAで約15億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

NOR型フラッシュメモリ&ストレージ一体型のAIチップを研究開発する「知存科技(WITINMEM)」が、シリーズAで約1億元(約15億円)を調達した。リード・インベスターは「中芯聚源(China Fortune-Tech Capital)」、コ・インベスターは「普華資本(Puhua Capital)」、「招商局創投(China Merchants Venture)」、「三峡鑫泰((Sanxia Xintai)」、「科訊創投(iflytek Venture Capital)」、「燕縁雄芯(Yanyuan Xiongxin)」。知存科技の王紹迪CEOによると、資金は試作チップの量産化に充てられるとのこと。知存科技は2017年に設立され、同社のチップは主に音声 / 視覚認識の分野で使用されている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録