IoTチップメーカーの「亮牛半導体」:シリーズAで数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

IoTチップメーカーの「亮牛半導体」:シリーズAで数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

消費電力が少なく、かつ安定接続が可能なスマートスピーカーやスマート照明用のIoTチップを研究開発する「亮牛半導体(Lightning Semiconductor)」が、シリーズAで数千万元(数億円)を調達した。リード・インベスターは「高捷資本(Elevation China Capital)」、コ・インベスターは「常春藤資本(Ivy Capital)」と「達泰資本(Delta Capital)」。亮牛半導体は2016年に設立。同社は既に試作品の開発に成功しており、今年の第3四半期には量産、出荷を開始する見込み。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録