リアル脱出ゲーム制作の「奥秘之家」:シリーズA2で約6億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

リアル脱出ゲーム制作の「奥秘之家」:シリーズA2で約6億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

「震宇翱翔文化創意有限公司」傘下で、リアル脱出ゲームなどを手掛ける「奥秘之家(OMESCAPE)」が、シリーズA2で4000万元(約6億円)を調達した。リード・インベスターはゲーム会社の「米哈游(miHoYo)」、コ・インベスターは「凡創資本(Invention Capital)」と既存株主の「引爆点資本(Tipping Point Capital)」。2015年末のエンジェルラウンドから2018年のシリーズA1までに奥秘之家が調達した資金は、累計数千万元(数億円)に達する。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録