オンライン児童教育の「火花思維」:約11億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

オンライン児童教育の「火花思維」:約11億円を調達

続きを読む

3-12歳の子供を対象としたオンライン数学的思考教育プラットフォーム「火花思維(Huohua Siwei)」を運営する「心更遠科技(Spark Thinking)」が、8500万ドル(約11億円)を調達した。リード・インベスターは「GGVキャピタル(紀源資本)」と「KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)」、コ・インベスターは既存株主の「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」、「IDGキャピタル」、「北極光創投(Northern Light Venture Capital)」、「山行資本(Hike Capital)」、「光速中国(Lightspeed China Partners)」、「龍湖資本(Longfor Capital)」、「金沙江創投(GSR Ventures)」。財務アドバイザーは「華興資本(China Renaissance)」が務めた。火花思維は設立以降、総額1億6000万ドル(約170億円)を調達した。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手