健康サポートアプリの「雲呼科技」:シリーズPre-Bで約33億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

健康サポートアプリの「雲呼科技」:シリーズPre-Bで約33億円を調達

続きを読む

プライマリケア産業プラットフォーム「覓健康(Mehealth)」などを運営する「雲呼科技(Yunhu Health)」が、シリーズPre-Bで2億2000万元(約33億円)を調達した。リード・インベスターは「衆為資本(ZWC Ventures)」、コ・インベスターは既存株主の「創世夥伴資本(China Creation Ventures)」、「博遠資本(BioTrack Capital)」、「国科嘉和(CASH Capital)」。雲呼科技は2017年に設立。中国の「分級診療(病気の重篤度に応じて分類して診療するモデル)」政策に基づき、プライマリケア市場全体の15%を占める優良顧客をターゲットとしている。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手