クラウドネイティブの「時速雲」:シリーズB+で数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

クラウドネイティブの「時速雲」:シリーズB+で数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

クラウドネイティブ技術を活用したプラットフォームサービスのプロバイダー「時速雲(TenxCloud)」を運営する「雲思暢想科技」が、シリーズB+で数千万元(数億円)を調達した。出資者は「琥珀資本(Ambrum Capital)」。同時に時速雲は、企業向けのサイバーセキュリティ、クラウドコンピューティング、ITインフラストラクチャーなどの分野で実績のある中核投資家「深信服(Sangfor Technologies)」と戦略的パートナーシップを締結した。時速云の黄啓功CEOによれば、資金はコア技術のイノベーション、専門サービスと提供力の強化、チャネル・パートナーとのエコシステム構築に充てられるとのこと。時速雲の設立は2014年末。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録