中古品ECの「転転」:シリーズBで約320億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中古品ECの「転転」:シリーズBで約320億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

クラシファイド広告最大手「58同城(58.com)」傘下のCtoC中古品取引プラットフォーム「転転(Zhuanzhuan)」が、シリーズBで3億ドル(約320億円)を調達した。出資者は既存株主の58同城やテンセント(騰訊)など多数。58同城は今後も転転株式の過半数を持分とする。また先頃、転転はデジタル消費財の品質、性能評価プラットフォーム「WHYLAB(為什麼実験室)」を買収、中古スマホ検査システムの標準化やオートメーション化を推進していく。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録