宅配便代理受取サービスの「藍店」:シリーズA+で数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

宅配便代理受取サービスの「藍店」:シリーズA+で数億円を調達

メールマガジンに登録

続きを読む

宅配便の代理受取サービスを提供する「藍店(LANDIAN)」が、シリーズA+で数千万元(数億円)を調達した。出資者は「鉑欣資本(Pershing Capital)」。藍店創業者の洪振業氏によれば、資金はサプライチェーンの構築及び技術の研究開発に充てられるとのこと。同社はこれまでに、エンジェルラウンドで「賽富亜洲(SAIF Partners)」から数百万元(数千万円)、シリーズPre-Aで「行早金融(Xingzao Finance)」から1000万元(約1億5000万円)、シリーズAで「SIG(海納亜洲)」から2000万元(約3億円)を調達している。

メールマガジンに登録

関連キーワード

    メールマガジンに登録