顧客関係管理の「銷售易」:シリーズEで約130億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

顧客関係管理の「銷售易」:シリーズEで約130億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

顧客関係管理(CRM)アプリ「銷售易(Xiaoshouyi)」を運営する「仁科互動網絡技術」が、シリーズEで1億2000万ドル(約130億円)を調達した。出資者はテンセント(騰訊)。中国の顧客関係管理業界では過去最大の資金調達額となった。銷售易は以前「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」や「経緯中国(Matrix Partners China)」などからも資金を調達。2017年1月のシリーズDでは2億8000万元(約42億円)、2018年4月のシリーズD+では1億元(約15億円)を、いずれもテンセントから調達している。銷售易創業者の史彦沢CEOによれば、消費者に深い理解があるテンセントと提携し、デジタルソリューションを提供することで、企業が内部部署から外部の関連企業、顧客まで一貫したバリューチェーンを構築するのを後押しする、とのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録