インテリジェントロボットの「小胖機器人(FAVO)」:青島市政府から約75億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

インテリジェントロボットの「小胖機器人(FAVO)」:青島市政府から約75億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インテリジェントロボット「小胖機器人(FAVO)」などの研究開発を手掛けるAI・ロボティクス企業「北京進化者機器人科技(EVOLVER)」が青島政府と戦略的パートナーシップを締結し、同市即墨区政府から5億元(約75億円)を調達した。同社は即墨区にロボット産業研究開発基地を建設し、中国のサービスロボット分野におけるトップブランド構築に全力で取り組むという。小胖機器人の魏然CEOによると、ロボットを実用化し、AI+教育の分野でサービスを提供していくとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録