自動運転システムの「CalmCar」:シリーズA2で約15億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

自動運転システムの「CalmCar」:シリーズA2で約15億円を調達

続きを読む

自動運転システムの「CalmCar(天瞳威視)」が、シリーズA2で1億元(約15億円)を調達した。出資者は「上海汽車集団(SAIC MOTOR)」傘下の「上汽投資(SAIC Capital)」と「上汽加州風投(SAIC Venture Capital)」、および「北京車聯網産業発展基金」。資金はレベル2+自動運転機能に対応可能なサラウンドセンサーシステムの量産、自動車生産工場と一流部品メーカーとの提携強化などに充てられる。そして今後CalmCarは上汽集団と提携し、速やかに現行テスト製品の量産化を図っていく方針だ。CalmCarは2016年12月にエンジェルラウンドで「徳聯資本(Delian Capital)」から約1000万元(約1億5000万円)を、2018年にはシリーズPre-Aで「国中創投(Guozhong Venture Capital)」と「チャイナ・ユニコム(中国聯通)」から数千万元(数億円)を、シリーズA1で「北汽産投(BAIC CAPITAL)」から数千万元(数億円)を調達している。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手