電子タバコの「NUT」:エンジェルラウンドで数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

電子タバコの「NUT」:エンジェルラウンドで数億円を調達

続きを読む

電子タバコブランド「NUT(堅果)」を展開する「紫宝科技」が、エンジェルラウンドで数千万円(数億円)を調達した。リード・インベスターは「創享投資(Creation Venture Partners)」。資金はブランディング、研究開発、販売チャネルの開拓に充てられる。紫宝科技は2019年初頭に、中国初の私立ビジネススクール・長江商学院の卒業生5名により設立された。「NUT」は製品の品質を確保するため、中国国内最大の電子タバコOEM工場「麦克韋爾(SMOORE)」で委託生産されている。

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手