工業製品調達プラットフォーム「佰万倉」:シリーズAで約10億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

工業製品調達プラットフォーム「佰万倉」:シリーズAで約10億円を調達

続きを読む

ワンストップ型工業製品調達プラットフォーム「佰万倉(BWCMALL.COM)」を運営する「佰万倉網絡科技(Baiwancang Network Technology)」が、シリーズAで1000万ドル(約10億円)を調達した。出資者は非公開。資金はプラットフォームの構築と業務の全国展開に充てられる。これに先立ち佰万倉は、「高榕資本(Gaorong Capital)」と「光速中国(Lightspeed China Partners)」がリード・インベスターを務めるエンジェルラウンド、及び「瀚華金控(Hanhua Financial Holding)」がリード・インベスターを務めるプレシリーズAで、それぞれ数百万ドル(数億円)を調達している。佰万倉は2015年7月、アリババの初期メンバーで、B2B電子商取引サービスプロバイダー「慧聡網(HC360.com)」の元取締役社長である楊寧氏によって設立された。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手