無人物流ソリューションの「主線科技」:シリーズA+で資金を調達、ボッシュのVC部門が出資

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

無人物流ソリューションの「主線科技」:シリーズA+で資金を調達、ボッシュのVC部門が出資

続きを読む

港湾を始めとして高速道路や市街地などにおける無人自動運転による物流ソリューションを提供する「主線科技(TrunkTech)」が、シリーズA+で資金を調達した。金額は非公開。出資者は「ボッシュ(Bosch)」グループのベンチャーキャピタル部門や、「グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(普洛斯)」傘下の「隠山資本(Hidden Hill Capital)」など。主線科技は2017年3月に設立された。

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手