アリババ:重慶市との提携を強化、地域本部基地を建設

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

アリババ:重慶市との提携を強化、地域本部基地を建設

続きを読む

2019年10月11日、重慶市政府は、アリババグループ及びその傘下の金融サービス企業「アント・フィナンシャル(螞蟻金服)」と、全面的な提携強化に関する協定を締結した。この協定に基づき、重慶市とアリババはこれまでの提携をベースに、デジタルエコノミー、スマートシティ建設、製造業のモデルチェンジ・グレードアップ、国際協力や人材育成及び農村振興などの分野で提携を強化する。アリババによると、重慶市をアリババの最重要戦略エリアの1つに位置づけ、資金を投入して地域本部基地を建設し、ユーザー体験センターや傘下の次世代スーパー「盒馬生鮮(Hema Fresh)」のサプライチェーンセンター、国内スマート物流基幹ネットワークハブなどを立ち上げていく、とのこと。

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手