短信

IoT通信技術の「EasyLinkin」:通信インフラ大手と提携、シリーズCで数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

IoT向け通信規格・LoRaWAN関連の技術を提供する「慧聯無限(EasyLinkin Technology)」が、通信インフラ大手の「中国通信服務(China Communications Services)」と戦略的パートナーシップを締結した。今後は共同でスマートシティ関連プロジェクトに取り組む。また、この提携調印式の際、慧聯無限がシリーズCで数億元(数十億円)を調達したことが発表された。リード・インベスターは中国通信服務傘下の「通服資本控股(CCS Capital)」、コ・インベスターは「曠視科技(Megvii Technology)」、「博将資本(Bojiang Capital)」、既存株主の「華創資本(China Growth Capital)」。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録