経費精算プラットフォームの「易快報」:シリーズCで約32億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

経費精算プラットフォームの「易快報」:シリーズCで約32億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

企業向けに経費精算プラットフォーム「易快報」を提供する「合思信息技術(Hose Information Technology)」が、シリーズCで3000万ドル(約32億円)を調達した。リード・インベスターは「老虎環球基金(Tiger Global Management)」、コ・インベスターは既存株主の「DCM」、「明勢資本(Future Capital)」。今回の資金調達は易快報にとって今年3度目となる。資金は、1000人規模のマーケティングサービスチームの構築、中国中部および西部の諸都市における支社開設、マーケットシェア拡大の加速に充てられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録