EV用電池メーカー大手「CATL(寧徳時代)」:ヨーロッパ工場を正式着工

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

EV用電池メーカー大手「CATL(寧徳時代)」:ヨーロッパ工場を正式着工

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

10月18日、電気自動車用リチウムイオン電池メーカー「寧徳時代(CATL)」が、同社初となる海外工場の建設を、ドイツのテューリンゲン州で正式に開始した。計画によれば、今回の着工面積は23ヘクタールで、生産ラインにはバッテリーセルや電池モジュールが含まれ、2022年までに完成予定。14ギガワット時(GWh)の電池生産達成を見込む。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手