アリババの香港上場が承認、持株比率はソフトバンク25.8%、ジャック・マー6.1%

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

アリババの香港上場が承認、持株比率はソフトバンク25.8%、ジャック・マー6.1%

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

アリババ傘下の英字紙「サウスチャイナ・モーニングポスト」によると、香港証券取引所はアリババの上場申請を承認した。順調に行けば、今月25日の週に上場し、最大150億ドル(約1兆6280億円)の調達を目指すという。

アリババが提出した目論見書によると、持株比率はソフトバンク25.8%、ジャック・マー(馬雲)氏6.1%、ジョセフ・ツァイ(蔡崇信)氏2.0%、その他経営幹部0.9%、一般株主は65.2%となる。今回調達した資金はユーザ数の増加及びユーザのエンゲージメント促進などに充てられる。

同社は動画プラットフォーム「優酷(Youku)」とその他一連のコンテンツ配信プラットフォームを活用し、デジタルメディア及びエンターテインメントサービスの構築を強化する。また、ニューリテール事業において、クラウデドコンピューティング技術、サプライチェーン管理システムとマーケティングシステムにも引き続き注力していくとのこと。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手