Apple専門のアナリスト:「iPhone SE 2」は2020年に2000万台出荷と予想

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

Apple専門のアナリスト:「iPhone SE 2」は2020年に2000万台出荷と予想

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

Apple専門家でもある、証券会社「天風国際証券(TF International Securities)」のアナリスト郭明錤(Ming-Chi Kuo)氏のレポートによると、Appleは2020年初に「iPhone SE 2」をリリースし、同年中の出荷量は少なくとも2000万台、好調であれば3000万台に達するだろうとのこと。同氏はさらに、iPhone SE 2は台湾のプリント基板メーカー「鵬鼎控股(Avary Holding)」や「臻鼎(ZDT)」からサブストレートプリント配線板(Substrate-like PCB=SLP)を調達し、399ドル(約4万4000円)からと販売価格は下がるものの、ロジックボードはiPhone 11と基本的に同等になると予想している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手