食品サプライチェーン管理の「楽禾食品」:シリーズB+で約15億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

食品サプライチェーン管理の「楽禾食品」:シリーズB+で約15億円を調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

食品サプライチェーン管理サービスを行う「楽禾食品(Lehe Food)」が、シリーズB+で約1億元(約15億円)を調達した。リード・インベスターは「美団点評(Meituan-Dianping)」傘下の「龍珠資本(DragonBall Capital)」、コ・インベスターは「広東省農業基金(Guangdong Agriculture Fund)」傘下で既存株主の「和智投資(Hezhi Capital)」。資金は全国規模の食品サプライチェーン構築と、食品サプライチェーンに特化したERP(Enterprise Resource Planning / 統合基幹業務システム)の研究開発に充てられる。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手