感情認識AIロボット開発の「竹間智能」:シリーズB+で約49億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

感情認識AIロボット開発の「竹間智能」:シリーズB+で約49億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ヒトの感情を音声や顔認識技術によって分析し、読み取るAIロボットを研究開発する「竹間智能(Emotibot)」がシリーズB+で4500万ドル(約49億円)を調達した。リード・インベスターは「雲暉資本(V FUND)」、「領渢資本(Linfeng Capital)」および未公開の投資家、コ・インベスターは「凱思博投資(Keywise Capital)」、「衆安資本(Zhongan Capital)」、「趨勢資本( Qushi Capital,)」、「普華資本(Puhua Capital)」、「一路資本(Yilu Capital)」。

資金は引き続き、NLP(自然言語処理)、アフェクティブ・コンピューティングおよびマルチモーダル・マンマシン・インタラクション技術分野の革新に充てられる。同時に「Bot Factory™」プラットフォームの研究開発・アップグレード、標準モデルのプロモーション、エコシステムの構築、多業種におけるAIソリューションの実用化促進にも取り組む。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録